大山ケーブルカーについて、日本現存のケーブル(鋼索線)では唯一の中間駅があります。

「大山ケーブルカーについて、日本現存のケーブル(鋼索線)では唯一の中間駅があります。」のアイキャッチ画像

【大山ケーブルカー】
大山ケーブルカーは、
神奈川県伊勢原市の大山ケーブル駅から
阿夫利神社駅に至る大山観光電鉄のケーブルカーでです。
正式名称は大山鋼索線(おおやまこうさくせん)です。

丹沢山地の南東にある大山を登るケーブルカーで、
山上にある大山阿夫利神社(おおやまあふりじんじゃ)
への参詣のほか、
大山・ヤビツ峠方面へのハイキングなどに利用されています。

【路線データ】
路線距離(営業キロ):0.8km
軌間:1067mm
駅数:3駅(起終点駅含む)
高低差:278m

江戸時代から庶民の信仰を集めた
「大山講」で賑わいを見せた
大山阿夫利神社への参詣の便を図るために建設されました。
1928年に開業し、1944年まで
大山鋼索鉄道として営業していました。
戦後になって1965年、
これを大山観光電鉄の運営で復活しました。
戦時中不要不急路線として休止ないし
廃止されたケーブルカーの中では
もっとも遅く復活開業した路線となります。

【運行形態】
通常は20分間隔で運行しています。
多客期は増発や営業時間の延長が行われます。
大山ケーブル⇒阿夫利神社間の所要時間は6分です。

【車両について】
2015年(平成27年)までの間
約50年間も使用された2両の車両である
「たんざわ」号、と「おおやま」号。
老朽化に伴う設備交換で
2015年5月17日をもって運行を終了しました。
「たんざわ」号の車体は現在は、
千葉県いすみ市の「ポッポの丘」で保存展示されています。

2015年10月1日に新造車両が運行を開始しました。
デザインは小田急ロマンスカーVSE・MSEや、
箱根登山鉄道のアレグラ号のデザインを手がけた
岡部憲明アーキテクチャーネットワークが担当しました。
製造は小田急エンジニアリング、
川崎重工業、大阪車輌工業が担当しました。

車体色はブリリアント・グリーンを基本とし、

大山ケーブルカー 車体色

1号車はゴールド、2号車はシルバーの固有色が
前面と側面に配されています。

1号車はゴールド、2号車はシルバー

「大山の特色ある眺望・景観を取り込んだ展望車両」
というコンセプトで、山下側に展望席が設けられ、
前面から屋根まで連なる
大型曲面ガラスが採用されています。

大山ケーブルカー 展望席

また車内照明や放送装置の電源用に
リチウムイオン電池を搭載しています。
剛体架線でリチウムイオン電池を充電する
駅構内以外は、眺望を阻害していた架線を撤去しました。

【駅一覧】
大山ケーブル駅(おおやまケーブルえき)
大山寺駅(おおやまでらえき)
阿夫利神社駅(あふりじんじゃえき)

<大山ケーブル駅>
頭端式ホーム2面1線の地上駅。
標高400m。
2008年9月30日まで
追分駅(おいわけえき)と称していました。
当駅から山麓方面を結ぶ
大山登山鉄道が接続する計画が
存在していましたが、
1961年に免許申請が取り下げられました。

大山ケーブル駅

<大山ケーブル駅沿いの紅葉と桜>
この時期に咲く品種でしょうか?

紅葉と桜

<大山寺駅>
相対式ホーム2面2線の地上駅。
標高512m。
1番ホームと2番ホームは跨線橋で連絡しています。
当駅で列車の交換(行き違い)を行います。
列車により発着番線が異なり、
線路にケーブルがある方に上り列車が、
ケーブルがない方に下り列車が発着します。
行き違い箇所に設けられた中間駅は、
日本に現存する鋼索線では唯一となります。
2008年9月30日まで
不動前駅(ふどうまええき)と称していました。

大山寺駅と線路とケーブルカー

<阿夫利神社駅>
単式ホーム1面1線の地上駅。
標高678m。
2008年9月30日まで
下社駅(しもしゃえき)と称していました。
かつては当駅から山頂までの
延伸計画が存在していましたが、
1937年に免許取消となりました。

阿夫利神社駅

【運賃】(2020年11月現在)
大山ケーブル~阿夫利神社
※大山寺駅で途中下車できます
◆片道
大人:640円  
小児:320円
◆ 往復
《通常時》 
大人:1120円  
小児:560円
◆往復
《繁忙期》 
大人:1270円  
小児:640円

大山ケーブル~大山寺/
阿夫利神社~大山寺
● 片道
大人:360円  
小児:180円
● 往復
《通常時》 
大人:620円  
小児:310円
● 往復
《繁忙期》 
大人:700円  
小児:350円

<2020年の繁忙期>
4月29日・5月2日~5月6日
11月1日・3日・7日・
8日・14日・15日・21日・
22日・23日・28日・29日

身体障害者・知的障害者・精神障害者 割引運賃あります。
普通団体運賃  ※2525名以上。
学生団体運賃  ※2525名以上。

<ペットをお連れの方へ>
小型犬・猫などの小動物は、
容器に完全に収納したもの
(体の一部が露出したもの、
衣類等で覆っただけの状態は不可)であれば、
有料手回り品として車内に持ち込めます。

◆ 片道:220円
◆ 往復:420円

『伊勢原市のクーポン券』
伊勢原市では、平日に訪れる神奈川県民を対象に、
県内旅行(マイクロツーリズム)の旅先として
伊勢原を楽しんでもらうことをコンセプトに、
お土産や食事に利用できるクーポン券
(大人:1000円分、子供500円分)
を配布するお得なキャンペーンを実施しています。

伊勢原市のクーポン券

◆キャンペーン対象者◆
期間中の平日に
大山ケーブル駅⇔阿夫利神社駅の
往復乗車券を購入した神奈川県民

(丹沢・大山フリーパス券は対象外となります)

※当日は、神奈川県在住であることを
証明できる身分証(免許証や保険証など)をお持ちください。

◆クーポン券配布期間◆
2020年11月16日(月)
からの平日のみ
(年末年始12月29日から1月3日までは除く)

※予定枚数なくなり次第配布終了とのことです。

大山阿夫利神社~大山ケーブルカーに乗って♪大山の名水で作る豆腐料理が美味です。

大山寺(伊勢原市)「関東の三大不動」、 紅蓮の炎を背負った不動明王と真っ赤な紅葉が圧巻です。