後藤総合車両所 本所及び 出雲支所

「後藤総合車両所 本所及び 出雲支所」のアイキャッチ画像

【後藤総合車両所】

後藤総合車両所(ごとうそうごうしゃりょうしょ)は、
鳥取県米子市に所在する
西日本旅客鉄道(JR西日本)の車両基地
および車両工場です。

後藤総合車両所 米子

そのほか、島根県出雲市に出雲支所が存在します。
米子支社が管轄しており、
車両工場がある本所と、
車両基地がある運用検修センター
および出雲支所に分かれています。

米子の本所には、
島根県内では数少ない
現役の転車台が設置されています。

<後藤総合車両所 運用研修センターにある転車台>
後藤総合車両所 転車台

【後藤総合車両所 出雲支所】
後藤総合車両所出雲支所は、
島根県出雲市東神西町にある車両基地で、
山陰本線西出雲ー出雲神西間に位置しています。
敷地面積は146,000㎡です。

後藤総合車両所 出雲支所 WEST EXPRESS 銀河

東日本旅客鉄道(JR東日本)
大宮総合車両センター東大宮センターとともに
JRでは数少ない特急形車両専門の車両基地です。
かつては「出雲運転区」の名称で
車両が配置されていたました。
しかし2000年に、
出雲鉄道部の下部組織となり
出雲車両支部となったのち、
更に2008年6月1日の
出雲鉄道部廃止により
本車両所の下部組織とされ、
出雲支所に改称されたのでした。

<WEST EXPRESS 銀河>
WEST EXPRESS 銀河

【出雲支所配置】
<285系電車(21両)>
0番台7両編成3本(I1-3編成)が配置され、
寝台特急「サンライズ瀬戸」
「サンライズ出雲」で運用されます。
JR東海の大垣車両区に所属する
3000番台7両編成2本(I4・5編成)も
当支所に常駐して当所のJR西日本編成と共通運用され、
これらの整備や定期検査のほか
リニューアル工事もJR西日本に委託され
後藤総合車両所で実施されています。
ただし、名目上では
名古屋工場が担当工場となっているとのことです。

<381系電車(68両)>
6両編成4本(パノラマ編成2本、サブ編成1本、
吹田総合車両所日根野支所からの転入編成1本(現在は休車))、
4+3両編成5本(ノーマル編成5本)、
4両編成2本(ノーマル編成2本)、
予備車1両が配置されています。
組成変更が頻繁に行なわれるため、
編成番号は付けられてはいません。
特急「やくも」で運用され、
休車となっている編成1本を除き、
「ゆったりやくも」用の
リニューアル車両または簡易改造車です。

381系電車 やくも

<クモヤ145形電車(1両)>
1両が配置されています。
牽引車。
構内の入換のほか、
出雲支所に所属する381系電車が
車両工場(主に後藤総合車両所)へ入出場回送、
試運転をする際に進行方向に
制御車両が連結されていない場合に
制御車両として使用されるとのことです。

【所在地】
〒699-0823 島根県出雲市東神西町165

旧大社駅と蒸気機関車D51 774~出雲

蒸気機関車D51 488・米子駅前広場にある記念碑~蒸気機関車 C5743車軸と客車の車輪

粟津稲生神社・鳥居が20基続く参道を一畑電車が横切っていきます。一畑電車の動画あり。

一畑口駅・平地でのスイッチバックがある駅~一畑電車(いちばたでんしゃ)